私たちの考え2

『デファクト・スタンダード』

社会変化に伴い、日本の経営も必然的に変化せざるをえません。

経済のボーダーレス化とグローバリゼーションの

進展につれて、世界との関わり合いが強くなり

『デファクト・スタンダード』への準拠

特にアジアや世界の協調が重要となります。

一方、顧客志向が多様化し市場競争が激しくなる中で

顧客満足を重視した顧客主導の経営が必要になっています。

これからは、日本から情報発信ができるような

企業行動は必要であり、経営品質を向上させる

「新しい経営のフレームワーク」を確立することです。

その第1が「豊かな社会への貢献」です。

第2に「環境保全・地球に優しい」企業システムの構築です。

第3に企業経営は、株主のための活動ではなく

利害関係者との共生が必要です。

このように、企業存続の基盤を形作っているのが

第4の「情報公開・協学の精神」といえます。

私たちは

日本企業がリーダーシップをとれるかどうかは

このような地球環境時代、ボーダーレス化した世界に

対応した経営ができるかどうかにかかっていると考えております。